リーフチェック・サンゴ調査員募集|和歌山白浜田辺なべ


トップページ ⇒ 活動案内 

⇒ リーフチェック・サンゴ生物調査 

⇒リーフチェック参加者募集




リーフチェック・サンゴ生物調査員募集


一般のレジャーダイバーが容易に、
調査できるようにプログラムされています。
難しく考えず気軽に参加頂けますと幸いです。



和歌山白浜田辺みなべサンゴ生物調査【リーフチェックの概要】
・リーフチェックは主にサンゴ礁にたいする人為的な影響を観察してサンゴ礁保護に結び付けていく為のモニタリング調査です。 
・サンゴ礁の生態系の状態を見るために、 ・調査地にすむ生物(魚類・無脊椎動物)の個体数 ・サンゴの表面がどうなっているか(底質調査) ・人為的な破壊やゴミ、サンゴの病気白化などを調査します。 魚類と無脊椎生物は世界共通の標準調査対象種が決められています。
・海底に100m範囲のメジャーを引っ張りその周りの調査対象種の数を調べます。
・これらのデータは全世界から集められ、アメリカ本部で集約、統計データとして、様々なサンゴ礁保護に役立てられています。


 リーフチェック・サンゴ生物調査員募集 満員御礼

【日程】 

◎2017年10月14日(土)<予備21日(土)>田辺・みなべ「沖島」
◎2017年10月15日(日)<予備22日(日)>白浜「円月島」「権現崎」



◎基本スケジュール:

土曜日
AM 8:00集合みなべサンマリンさん

AM 8:15〜調査担当確認
AM 9:00〜準備、ボート乗船
AM 9:30 出港
AM 9:45 ポイント到着
AM 9:50 ライン設置
AM 10:05 魚類調査班エントリー(ライン設置15分後)
AM 10:20 無脊椎調査班エントリー(魚類EN15分後)
AM 10:35 底質調査班エントリー(無脊椎EN15分後)
AM 11:15 調査終了、ライン回収、データシート点検、GPS測定
AM 11:30 港着
 昼食
PM 1:00 出港
PM 1:15 ポイント到着
PM 1:20 ライン設置
PM 1:45 魚類調査班エントリー(ライン設置15分後)
PM 2:00 無脊椎調査班エントリー(魚類EN15分後)
PM 2:15 底質調査班エントリー(無脊椎EN15分後)
PM 3:00 調査終了、ライン回収、データシート点検、GPS測定
PM 3:30 港着〜機材片付け
PM 4:00 データ集計
PM 4:30〜データ発表、TS(チーム科学者)からのコメント、TL(チームリーダ)からの総評など。
PM 5:00 修了


日曜日 8:00集合白浜シーマンズビーチさん

みなべ同様スケジュールの調査実施


以上


◎一般参加費用:  30,000円( 2日間で4ボート調査ダイブ)

・費用に含むもの(乗船料4回、タンク4本、調査道具1式
・費用に含まれないもの(上記以の個人的な経費で飲食代、交通費、宿泊費、器材等)


◎準備する物: 
・通常のダイビングと同様です。→ダイビング器材(レンタル有料もあります)、着替え等

◎他: 
・普段のダイビングでは潜らないサンゴの大変綺麗な場所で実施しますので、サンゴに寄り添い暮らすチョウチョウウオ類など多くの熱帯性魚類や海洋生物を観察することができます。

・調査は一般のレジャーダイバーでも容易にできるようプログラムされています。難しく考えず気軽に参加頂けますと幸いです。




【参加者のお申し込みは、自然体験学習支援センターまで】


【参加資格】

1.レクチャー受講(リーフチェック未経験者のみ)

・レクチャーは1時間程度実施します。
魚類や海洋生物の図鑑等持っている方は持参下さい。
※リーフチェック経験者はリーフチェック参加証明をご提示下さい。調査担当や役割を調整致します。 

2.プレ調査ダイブ(予行演習)への参加(リーフチェック未経験者のみ)
・プレ調査ダイブは、サンゴ群集に実際に潜り、調査の予行演習を実施致します。
同日に「1項のレクチャー」も実施致します。 

☆プレ調査ダイブ参加費用: 16,000円
・11:00現地集合(白浜) →レクチャー(演習) 
→13:00プレ調査ダイブ(予行実習) →16:00修了解散
※日程は3名様参加より調整致します。

3.ダイビング経験
・Cカード保持するダイバーで20ボートダイブ以上の経験を有すること。 
自分で潜れない方は参加致しかねます。

どんなことでも結構です、お気軽にお問合せ下さい。








Copyright (C) 自然体験学習支援センター All Rights Reserved.